ホームページ制作
院長 | まつうら歯科クリニック  武雄BLOG
12月6日。日曜日の話ですが…

東京SJCDの 小濱先生 インプラントコース(全5回)が 無事終了
しました。
このコースは、ドクターと技工士とのペアで受講するコースで、武雄・唐津
両医院、それぞれ毎回2名ずつ参加させて頂きました。
コースでは、審美的なインプラント上部の補綴物作製等について学びました。

最終日の午前中は、受講者の発表になっていて院長もケースプレをしました。
この症例発表に際し、データ収集、CTの画像編集や取り込みなど、プレゼンの
作成を、院長とともにギリギリまで頑張ったスタッフの努力もあり、無事に仕上がり
発表もうまくいったようです

     作製に携わったチームのみなさん!本当にお疲れさまでした
もちろん院長が一番頑張りましたよオ--------------。


ところで、技工士とコラボのコースでしたので、現在の技工士事情について
ちょっと…

歯科医療に欠かせない歯科技工士も調査の結果、若者の離職率が年々増えている
そうです
さらに歯科技工士を育成する専門学校は大半が定員割れ。
歯科技工士がいなくなる時代が、もうすぐそこまで来ているんです


3ヶ月以内に80パーセントが辞めるという現状


そんな悲惨な時代の到来をなんとか食い止めたい!そう願わずにはいられません。


時代の流れについていける優秀でセンスある技工士でないと生き残っていけない
のかな 

そんな技工士の育成にも力をいれる当院では、来年また優秀な技工士が入ってくる
予定です

医療も日進月歩、技工(補綴物)も日進月歩。

そして私たちも、常に進化していかなければならない!そう考えさせられるセミナーでした。

    小濱先生、技工士の上林先生 ご指導ありがとうございました。

| 院長 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラスベガスでは「オーシャンズ11」の舞台となったベラジーオホテル内にある
フレンチレストラン「ピカソ」に行って来られました。

ラスベガスの数あるレストランの中でも予約がとれにくく、また全米では
数少ない5つ星レストランの一つでもあります。

味はもちろん、名前の通りパブロ・ピカソの原画に囲まれ、インテリア資産では
世界一と噂されるほどです
 「Picasso」フレンチ・おすすめです!
至近距離で高級な絵画を鑑賞しながらだと、食事も緊張して
ゆっくり味わえないようですね(笑)

なんと、お皿も豪華 ピカソの絵が描かれています。

また、観光名所ともなっているべラージオの「噴水ショー」を眺めながら
食事できるという絶好のシチュエーションも人気の秘密です



噴水ショーをレストラン側から撮影

こちらは違う場所から撮影。

院長は、滞在中にこちらのレストランに2回も足を運んだそうです
よほど気に入ったのでしょうね
それにしても、なんて豪華なんでしょう
| 院長 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
院長はラスベガス学会前に、ロサンゼルスで数日過ごしました。

ロサンゼルス経由でラスベガスに到着した為、せっかくなので

3日間楽しまれたそうです。 少しだけ旅のご紹介を…

ご存知の方も多いでしょう。 映画 「プリティウーマン」

プリティ・ウーマン 特別版[VWDS-3117][DVD]



そう。ここは映画の舞台となったホテル
      「リージェント・ビバリー・ウィルシャー」です。
お金持ちの実業家エドワードが滞在していたホテルで、ロサンゼルスきっての高級住宅地
ビバリーヒルズにあります

ここは、ヴィヴィアン演じるジュリアロバーツが沢山買物をしていたロデオドライブ
高級ショッピング街で、このシンデレラストーリーを象徴する名所です







そして、ここは二人が出会った歩道「ウォーク・オブ・フェイム」

映画や音楽、テレビ、ラジオとそれぞれの分野で活躍した人の名前が刻まれた

星型の敷石がはめ込まれています。

この敷石は、先日他界したマイケル・ジャクソンのものです。

| 院長 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

もう一月前の話になりますが、8/5〜8/7までの間に開催された IFED

(国際審美学会)に院長が参加してまいりました。

場所はアメリカのラスベガス 一度は行ってみたい憧れの国です

3日間にわたり、朝の8時から17時まで30分単位でスピーカーが講演されるという

かなりハードスケジュールだったようで、院長もみっちり3日間勉強して来られました。

学会は世界トップクラスの著名な先生方が沢山参加され、世界最先端の審美治療に

ついて学び、非常に参考になるプレゼンが聴けたようです。






素敵な写真が沢山あったのですが、夜景モードのせいかピンボケが多く、
載せられなくて残念です



会場の中。参加者の熱気でムンムン

審美学会だけあって、美しい女性、美しい歯が沢山登場します


もちろん、SJCDの先生方も多数参加されていました。

美女と野獣 いや珍獣 (先生ウソです
フリーランス衛生士の土屋和子さん(左)、と谷垣裕美子さんも参加されていました。

こんなBigなイベントに参加してしまうなんて、お二人とも流石です。

先週より谷垣さんの福岡でのコースが始まり、まつうら歯科からも2名お世話になって
います どうぞよろしくお願い致します

右端は、久留米の高田先生です。

| 院長 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

先日、東京SJCD理事でカムログインプラントシステム公認インストラクターの
皆川 仁先生のインプラントコース 全6回が無事に終了しました。

多岐にわたるインプラント治療の高度な実技をすべて網羅している、ワンランクレベル
アップを目指すコースです。
このコースは、6回終了後、更に6回 アドバンス”プラス”コースが待っています。

日曜日に東京で開催される為、土曜日に福岡で他のコースがある時は日帰りでコースを
受講します。その時は超ハードスケジュールですね

先週の日曜日は、院長は東京で、私たちはデンタルショーへ、他のドクターと技工士は
別のコースを福岡で受講とそれぞれが別の場所で沢山の事を学んだ1日でした。

皆さん、お疲れさまでした



| 院長 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
先週の土曜日、螢蓮璽泪鵐瑳膾鼎離札潺福爾東京の恵比寿ガーデンルームで
開催され、院長も参加してまいりました。

「世界の舞台でシノギを削る 臨床最前線のテクニック」 と題して
我らがSJCDの最高顧問で、日本の審美治療のトップ 山崎長郎先生の講演から
始まり、岡田隆夫先生、根管療法の寺内吉継先生。 そして現在インプラントの
カムログコースでも大変お世話になっている、皆川 仁先生の講演。

午後からは、インプラント治療における世界の第一人者 デビット・ガーバー先生
講演と超豪華な顔ぶれによる、タイトルにふさわしい内容の講演で院長も大変満足の
ようでした。

院長自身が今もっている診療への考えと共通する点が沢山あり、今後のインプラント・
審美修復治療の方向性に確信を持つ、貴重な1日となりました。

そして翌日の日曜日は、福岡SJCDのDHセミナーにも合流。確か、先週も東京で
皆川先生のコースを受講したばかり

週末は学会やコースの受講で超多忙な日々を送っている院長です。
お体気をつけて下さいね

 

| 院長 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年の2月より始まった 「インプラント4ヶ月マスターコース」
先日無事終了しました
最後のコースでは衛生士のアーサーも参加しました

このコースでは、インプラントのさらなる適応症への拡大の技などを学びました。

修了証書授与式後、講師の山道先生を囲んでSJCDのメンバーと共に



                  山道先生と院長
また調子に乗ってピースしてしまいました 山道先生ご指導ありがとうございました。

今回は、最終のコースを受講したアーサーにインタビューしましたよ

5/9.10日の2日間、院長と一緒に山道先生のコースに参加させて頂きました。
1日目は、インプラント治療における歯科衛生士の役割などを学び、2日目は、
ドクターと一緒に水上先生の講義と外科処置の実習を行いました。
そこで、松浦大先生の凄さを改めて実感  
院長は器用に実習を終えた後もすぐに練習し、自分のものにしていました。

今回のコースで、歯科医療の深さ、そしてインプラント治療のさらなる可能性と
どんなことも吸収し、それを可能とする院長のパワーの凄さを知ることができ、
受講できて本当に良かったです

これからも1人でも多くの患者さまに安らぎと喜びを提供できるように頑張ります。
                                     by アーサー



| 院長 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

先週の25日(土)・26日(日)の2日間、院長は東京で開催された
「JSCAD Special Private Course CEREC Implant Seminar」
 に行って参りました。

25日は限定30名のPrivateコース。 
チューリッヒ大学でセレック(オールセラミックス)の研究開発に長く携わって
こられた、ビンドル教授によるレクチャーコース 「CAD/CAMによるインプラント
スーパーストラクチャー」 を受講。

翌日はセレックフォーラムに参加しました。フォーラムでは、私たちも会員となっている
日本最大級の勉強グループ「SJCDインターナショナル」会長の山崎長郎先生の
講演をはじめ、世界的に著名な先生方を御招きしての講演で、大盛況の末幕を
閉じました。

CAD/CAMによるコンピューター技術の発展により、いろいろな補綴物が作製可能と
なりました。これからは、歯科用CTとCAD/CAMのコラボにより、より確実に
インプラントのオペとインプラントの上部構造の作製が可能になる…  

更なるCAD/CAMの可能性に期待するコースとなりました。                 

院長先生 本当にお疲れ様でした


1日目終了後のプライベートな懇親会に山崎長郎先生が来てくれました。
アットホームでいいでしょう SJCDは

                          ↑この方が山崎先生です。
 西先生、写真提供ありがとうございました



 コースのCertificateです。ビンドル教授と。





| 院長 | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
先週の土日の日間、院長は新たな外科の勉強会に行って参りました。
自分の考えとの整合性を確かめる為 だそうです。

一昔前はインプラント処置において骨は必要不可欠で、骨の厚みや幅がない
場合は、インプラント処置は断念せざるを得ませんでした。

しかし現在では、自分の体から採取した自家骨、他家骨、牛由来の骨、
化学物質などを用い、組み合わせてオペをすることにより、骨がないところに
骨を作って、インプラント治療をする事が可能になりました。
※PRP(多血小板血漿)治療を用いた再生治療も増えつつあります。
   (美容外科においては若返りの治療として注目されています

骨を造成した場合の予知性はオペの技術や、骨の組み合わせによって
異なります。

当院でも早速PRPを導入し、よりよいインプラント治療を患者様に提供しようと
取り組んでいます。

この何十年かのうちに歯科治療も飛躍的な進化を遂げています。
あと10年後、20年後どんな治療法が確立されているのでしょうか
将来、骨に種を植えたら歯が生えてくるらしいですよ。 ギョ

不可能なことはない、何でも可能なそんな近未来が待っています。
| 院長 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

毎朝、院長が来る前に院長専用のお茶を院長室のデスクに置くのが
新人スタッフの日課

度々、院長に呼ばれてはお茶を追加します。
院長が自ら冷蔵庫から出してつぐ事もあります。

お茶はでもでも季節を問わず冷たいお茶でなければいけません。
この本を飲み干して、新しいお茶が間に合わない場合は
待合室に置いてあるミネラルウォーターにも手を出します。
どんだけ飲めば気が済むのだろうかと時々思います。

院長の体の主成分は、脂肪 いや水分(お茶)かな

  
        これが噂の院長専用のお茶

       

       待合室にあるミネラルウォーター
       冷たくてとってもおいしいお水です

| 院長 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |